アトピーのかゆみを止める

アトピーのかゆみをすぐに止める方法

アトピー性皮膚炎は、ひっかいてしまうと余計にかゆみが強くなり、さらにひっかいて悪化していくという悪循環に陥りがちです。
日常の中で、かゆみを止めて、ひっかかないようにする工夫が必要です。

 

手っ取り早くかゆみを止める方法として効果的なのは、冷やすという方法です。

 

かゆみは、体が温まるとより強く感じるため、冷やすとよいのです。
ただ、濡れタオルなどを直接肌に当てて冷やすと、皮脂が取られ皮膚が刺激されてしまう他、長時間放置すると不潔な状態になってしまいます。

 

そのため、冷やすときは湿疹の部位にラップを巻き、その上から濡らした手ぬぐいや氷枕を当てて冷やすようにしましょう。

 

また、何かに熱中する状況を作るとかゆみを忘れることができ、ひっかくことがなくなります。

 

かゆみが出てきたら、スポーツをしたり、ゲームをしたり、小説を読むなど、夢中になれる好きなことをしてみましょう。

 

かゆくならないための工夫としては、帰宅したら早めに入浴を済ますことが挙げられます。

 

汚れを早く落とすということもありますが、就寝前に入浴すると体が温まった状態で布団に入ることとなり、かゆみが起きやすくなってしまいます。
これを避けるため、ある程度は早めに入浴することがすすめられます。

 

また、お風呂から上がる際に水をかぶってから出ると、かゆみが出にくくなります。

 

無意識に寝てるときにかいてしまう

かゆみで厄介なのが、寝ている間にかゆくなり無意識でひっかいてしまうということです。
昼間はかかないように気にかけていられても、就寝中は難しいものです。

 

そのため、寝ている間にかきむしってしまい湿疹が悪化してしまうことが多いのです。

 

これを防ぐため、就寝する際には寝ている間にかかない工夫をすることが大切です。
具体的には両腕の肘を曲がらないように固定することで防ぐ方法などが簡単で効果的です。

 

日々の生活の中で、かゆみを出さない、かゆみを止める、かかないための工夫をして、アトピー性皮膚炎の悪化を防ぎましょう。