アトピー塗り薬

アトピーに使える身近な塗り薬

アトピーは専用の薬などを使用しなくても、入浴後や洗顔後に乾燥が気になる部分にはワセリンを皮膚保謹剤として塗っておくと、湿疹を防ぐことができます。

 

湿疹は皮脂分泌が少ない場所が刺激を受けるとできやすく、皮脂分泌が多い部分では多少の刺激を受けても湿疹はできにくいものです。
これは、皮脂が皮膚を刺激から守る役割をしているためです。

 

ワセリンってどんなの?

ワセリンとは、鉱物油を精製したもので油性軟膏の基剤となるものです。
ワセリンを気になる部分に塗ることで、皮膚の表面に油性の保護膜が作られ、刺激から守ることができるのです。
ただ、ワセリンには不純物も含まれているので、顔などに塗る際は注意が必要です。

 

また、ワセリンは一般的な化粧品にも原料として使われています。
化粧品原料に使われるワセリンは、日本薬局方のワセリンよりずっと精製度が高く、安全性も優れています。
特に、高齢者向けの化粧品は、低刺激に作られており、アトピーの人にも使えるものが多くあります。

 

尿素が入った保湿剤

皮膚科では尿素軟膏などが保湿剤としてよく使われます。
尿素軟膏は角質層に浸透して皮膚をなめらかにして、皮膚のバリア機能を向上させる効果があります。
また、尿素入りの薬用クリームも市販されています。

 

保湿化粧品

皮膚の保湿を考える際に注目したいのが、保湿化粧品です。
アトピー性皮膚炎で湿疹の状態が改善されていく時期には保湿化粧品を使うことがあるのです。
保湿化粧品の乳液やクリームに多く配合されているヒアルロン酸やレシチン、可溶性コラーゲンなどの成分は美容効果だけでなく保湿剤としての役割もあります。
これらは、薬よりずっと優秀な働きを持っているのです。

 

アトピー性皮膚炎は赤みやかゆみ、湿疹が引いても、完璧に治ったわけではありません。

 

ガサガサとした乾燥が気になるところや、シワっぽい部分、なんとなく鳥肌だって見える部分は「湿疹予備軍」と呼ばれます。
お腹やわき腹、背中などに多く、日常的なケアが重要となります。

 

身近にあるワセリンや化粧品を上手に活用して、しっかりとケアしましょう。