石けん選びでアトピーの湿疹予防

石けん選びでアトピーの湿疹予防

アトピー性皮膚炎の湿疹を抑えるためには、洗うということは大切です。
アトピー性皮膚炎の原因物質や汗、細菌を洗い流すことで湿疹の悪化を防ぐことができます。

 

ただし、洗う際に気をつけたいのが洗浄剤の使用です。
現在、さまざまな種類の洗浄剤が市販されています。
安全性の高い洗浄剤としては長年使われている石けんが一番です。

 

しかし石けんは洗浄力が高いため、皮膚に必要な脂質まで洗い流してしまう場合もあります。
そのため洗う回数が多い場合は、洗浄力がマイルドな弱酸性石けんを使うのがおススメです。
弱酸性石けんは、洗ったあとも皮膚をしっとりさせる成分が残るので、アトピー性皮膚炎に多い乾燥肌の人に合った石けんです。

 

また、洗浄剤を選ぶ際に間違いがちなのが、薬用石けんに対する解釈です。
薬用石けんには殺菌剤などの薬剤が含まれています。
アトピー性皮膚炎の人は皮膚バリアが弱いため、細菌は湿疹悪化のもとですが、普通の石けんの洗浄力で十分です。
逆に薬用石けんに含まれる薬剤の多くは皮膚に対する刺激性やアレルギー感作性、光毒性があるため、基本的にはアトピー性皮膚炎の人は使えません。
保湿剤や漢方成分なども薬剤として含まれている場合もあるので、薬用石けんはしっかりと何が含まれているかを確認しましょう。

 

また、最近では新しい洗浄剤として、皮膚に必要な脂質や保湿成分が溶出しにくい界面活性剤を使用した製品が開発されています。
敏感な皮膚の人を対象に開発されており、原料の精製から防腐剤の選択など、細部にいたるまで皮膚に優しく配慮されています。
刺激も少なく洗浄力も石けんよりマイルドなため、石けんが合わない人は、新しい洗浄剤を試みるのがおススメです。

 

洗浄剤を選ぶ際には、どんな成分が含まれているか、どのような人向けの製品なのか、アトピーの人でも使えるかなどをパッケージ表示や売り場の方に確認しましょう。
また使用中に、肌が赤くなったり、ピリピリする場合にはすぐに使用を中止しましょう。
自分に合った洗浄剤を選ぶことが大切です。