湿疹の治療にはシャンプー方法が重要

湿疹の治療にはシャンプー方法が重要

頭髪、頭皮の汚れを洗い落とすシャンプーは、非常に洗浄力の強いものです。
シャンプーの主成分は洗浄力の強い界面活性剤です。
健康な皮膚であれば表面が弱酸性に保たれ、シャンプーに含まれる界面活性剤などの化学物質の害を防げますが、アトピーの皮膚に中性洗剤がつくと、元の弱酸性に戻るのにかなり時間がかかり、湿疹が悪化する原因となります。

 

顔や首、手の湿疹は、シャンプーが原因となっているかもしれません。顔や首、手はシャンプーの際、どうしてもシャンプーが付いてしまう場所です。
特に利き手はシャンプーまみれの状態でゴシゴシと刺激も受けています。そのため、手の指の間などから症状が広がりやすく湿疹が悪化しがちです。
シャンプーが湿疹の原因になるとは言っても、髪を洗わないわけにはいきませんよね。シャンプーによる湿疹を治すためには、シャンプーに触れないようにすれば良いのです。
シャンプーの際にはビニール手袋などをして手を守るようにしましょう。また、湿疹が気になる部分にはシャンプー前にワセリンやハンドクリームを塗っておくと、刺激を抑えることができます。
洗う順番も、頭、顔、首、体の順に洗うことで、体などに残るシャンプーの成分をしっかりと洗い流しましょう。また、シャンプーがすんだ頭は、すぐに乾いたタオルで包み水が体に垂れないように気を付けましょう。

 

さまざまな防御策を行っていても、シャンプーの影響は少なからず受けてしまいます。
そのため、影響の少ない低刺激なシャンプーを使用するのも一つの手です。低刺激性シャンプーとは皮膚が敏感な人でも使えるように開発されたシャンプーです。
一般的なシャンプーに比べ、低刺激な界面活性剤を使っている他、防腐剤が異なっていたり、無香料であったりという工夫がなされています。
皮膚の炎症の治療を妨げない、皮膚科医推奨の製品などもあるので、自分にあったシャンプーを選びましょう。
上手なシャンプー方法で、アトピー性皮膚炎の湿疹の治療を進めましょう。