アトピーを抑えるために上手なストレス管理をしよう

アトピーとストレス管理

アトピー性皮膚炎の症状を抑えるには、上手に自分でストレス管理を行うことが大切です。

 

アトピー性皮膚炎はストレスが大きな要因となっている場合が多く、上手にストレス管理を行うことで、ある程度、アトピー性皮膚炎をコントロールすることが可能です。

 

ストレス管理の第一歩として、まずは日々の睡眠を十分にとることを心掛けましょう。
リラックスした状態で布団に入り、深い眠りを得ることで一日のストレスを引きずらないで、朝を迎えられます。
入眠前に音楽を聴いたり、温かい飲み物を飲むと効果的です。

 

また、日常でイライラしやすい人には深呼吸がおすすめです。
深く息を吸い込み、ゆっくりと吐き出すことで頭を落ち着かせることができます。
深呼吸には血圧を下げる効果もあるので、血圧が高めの方もぜひ実践してみてください。

 

時間があるときや休みの日には、運動して汗を流したり、趣味に没頭したり、お風呂にゆったり浸かるなどにより、ストレスで疲れた神経を休めましょう。

 

神経を休めるのなら、家でゴロゴロと何もしない方が良いように思われる人もいます。
しかし、それは正解ではありません。
頭をすっきりした状態にして、精神の集中力を増すような時間を作ることがストレス管理なのです。
そのため、極端なことを言えば雑念を取り払い、精神を研ぎ澄ましリセットする、お寺での座禅などはストレス管理にピッタリです。

 

とはいえ、基本はストレスを解消できれば良いので、自分が好きなこと、没頭できること、落ち着けることを探して実践しましょう。
ストレスの内容は人それぞれですから、ストレス管理の方法も人それぞれです。
自分にあった方法を見つけましょう。

 

ストレス社会といわれる現代、上手なストレス管理が心と体の健康につながります。
そして、ストレスが湿疹という症状で皮膚に影響を出す前にストレス管理を上手にできれば、アトピー性皮膚炎はコントロールできるのです。
できるだけストレスを溜めない生活を心掛けましょう。